解決事例 | 千葉県船橋市の相続の経験豊富な弁護士

被相続人が亡くなる直前に入籍した事例で、全遺産を遺言により取得した相続人(養子)に対し、遺留分減殺(侵害額)請求を行い、訴訟上の和解により解決したケース

老資産家に望まれて交際をしていた女性が、亡くなる直前に、これまでの交際に感謝し入籍したいと言われて入籍したところ、亡くなった後、遺言により全財産を取得した養子(甥)に対し、婚姻の無効を主張されました。 養子の方ともともと(被相続人を含め)折り合いが悪く、家からの立ち退き等も要求され、今後の交渉について、ご依頼を受けました。

続きを見る

手書きの遺言書の検認手続きを行い、不動産登記を行い、遺留分減殺(侵害額)請求の時効成立を待って、不動産取得を確定させたケース

夫を亡くした方が相続の相談にいらっしゃいました。子はなく、遺産は自宅である不動産以外はめぼしいものはないとのことでした。遺言書がありましたが、封がなく、手書きで、「全てを○子(奥様のお名前)に遺す。」との記載がありました。夫には兄弟はなく、夫の父親(母親は亡くなっていました)から遺産の取得を主張されていて、困っているとのお話でした。なお、夫は、生前、父親にお金を貸していたようだとのことでした。

続きを見る

被相続人の前婚時に子がいたこと及びその子に成年後見人をつける必要があることが判明したため、成年後見の申立を行い、その成年後見人と遺産分割調停を成立させたケース

高齢者の方で、奥様を亡くされた方がいらっしゃいました。奥様名義の預貯金があったため、相続手続きを行いたいが、奥様には前婚があり、事情は詳しく分からないが、銀行に行っても、自分たちだけでは相続手続きができないということで、ご依頼を受けました。

続きを見る

法定相続を主張する1人の相続人に対し、他の兄弟がそろって遺産分割調停を申し立てた結果、両親の意思のとおり、体の弱い1人の相続人が全財産を取得することで調停が成立したケース

兄弟の中で1人は、体が弱く、仕事ができず、経済的に恵まれない状態であったため、両親が心配し、財産はこの1人にすべて相続させるという考えを示していて、他の兄弟も全員これに従うという合意が成立していました。ところが、この体の弱い相続人の世話をしていた1人の兄弟が、両親が亡くなった後、全遺産を管理し、不透明な収支状態となっていました。他の兄弟は、通帳の開示等を求めましたが、開示されませんでした。遺産分割を求めても、財産を管理しているこの兄弟が、法定相続割合を主張し、話し合いが平行線になっていました。財産を管理していない他の兄弟は、体の弱い相続人とともに、弁護士に相談しました。

続きを見る

父が母との結婚前に前婚で子があったことを亡くなった後に初めて知り、遺産分割の協議を依頼し、相続を辞退してもらったケース

私たちは3人兄弟で、母が先に亡くなり、父が亡くなって、遺産分割協議を行い、3人で分け方を決め、司法書士に遺産分割の登記を依頼しました。そうしたところ、父が私たちの母と結婚する前に、前婚のときに、子が2人いることが分かりました。父に前婚があることは知っていましたが、そのときに子が2人いたことは全く知りませんでした。父は、母との結婚後は、全く前の結婚のときの親族と交流がなかったのであり、父の財産に、いまさら前の結婚のときの子が取得分を主張することには納得できず、何とか私たち3人だけで遺産を分けられないか、交渉相手は会ったこともない人たちなので、交渉は専門家に任せたいと考えました。

続きを見る

遺産分割・生前対策の法律相談お問い合わせまずはお気軽に、お電話またはフォームよりお問い合わせください。