法定相続を主張する1人の相続人に対し、他の兄弟がそろって遺産分割調停を申し立てた結果、両親の意思のとおり、体の弱い1人の相続人が全財産を取得することで調停が成立したケース |千葉県船橋市の相続、遺産分割の経験豊富な弁護士

法定相続を主張する1人の相続人に対し、他の兄弟がそろって遺産分割調停を申し立てた結果、両親の意思のとおり、体の弱い1人の相続人が全財産を取得することで調停が成立したケース

相談前

兄弟の中で1人は、体が弱く、仕事ができず、経済的に恵まれない状態であったため、両親が心配し、財産はこの1人にすべて相続させるという考えを示していて、他の兄弟も全員これに従うという合意が成立していました。ところが、この体の弱い相続人の世話をしていた1人の兄弟が、両親が亡くなった後、全遺産を管理し、不透明な収支状態となっていました。他の兄弟は、通帳の開示等を求めましたが、開示されませんでした。遺産分割を求めても、財産を管理しているこの兄弟が、法定相続割合を主張し、話し合いが平行線になっていました。財産を管理していない他の兄弟は、体の弱い相続人とともに、弁護士に相談しました。

相談後

体の弱い相続人と、財産を管理していない他の兄弟がそろって遺産分割調停を起こすことになり、財産を管理している1人の相続人を相手方として、家庭裁判所に調停を起こしました。調停手続きの中で、財産を開示するよう求め、通帳の引き出し額が開示されましたが、金銭の使い道は申立人側が納得できるようには明らかになりませんでした。数回調停期日を重ねた結果、兄弟間のあつれきが弱まり、両親の意思のとおり、体の弱い相続人が全遺産を取得するという内容で、遺産分割調停が成立しました。遺言もなく、法定相続割合となることもやむをえない事案でしたが、相手方の譲歩を引き出すことができ、兄弟間の中も回復するという結果となりました。(このような結果は、一般的には実現できないことが多いです。)

その他の解決事例

法定相続を主張する1人の相続人に対し、他の兄弟がそろって遺産分割調停を申し立てた結果、両親の意思のとおり、体の弱い1人の相続人が全財産を取得することで調停が成立したケース

兄弟の中で1人は、体が弱く、仕事ができず、経済的に恵まれない状態であったため、両親が心配し、財産はこの1人にすべて相続させるという考えを示していて、他の兄弟も全員これに従うという合意が成立していました。ところが、この体の弱い相続人の世話をしていた1人の兄弟が、両親が亡くなった後、全遺産を管理し、不透明な収支状態となっていました。他の兄弟は、通帳の開示等を求めましたが、開示されませんでした。遺産分割を求めても、財産を管理しているこの兄弟が、法定相続割合を主張し、話し合いが平行線になっていました。財産を管理していない他の兄弟は、体の弱い相続人とともに、弁護士に相談しました。

続きを見る

父の後妻・兄と「みつどもえ」の遺産分割調停となったケース

父が亡くなり、相続が発生しました。私は、父の前妻(故人)の娘で、兄も前妻の息子です。私の母が亡くなった後、父が結婚した相手(後妻)がいます。後妻は、父が亡くなったときも同居していて、財産を管理していました。父が経営していた会社を引き継いでいた兄が、後妻を相手に遺産分割を要求し、遺産分割調停となりました。兄は、後妻と対立する立場にある私に対し、自分に同意するよう求めてきました。兄の要求は、会社経営のために、遺産の過半(不動産や会社の株式など)が必要であるとの主張でした。しかし、兄に従うと、私は、本来取得できるはずの自分の法定相続分(4分の1)を取得できない、ということになるので、悩んでいました。家庭裁判所の調停において、兄と一緒に申立人(後妻)の「相手方」どいう扱いを受け、家庭裁判所の調停進行において、実兄と相談者の利害対立が見過ごされる恐れが生じていました。どうしていいか分からなくなって、弁護士に相談しました。

続きを見る

長男(弟)の生前の預貯金引出が明らかになり、正当な法定相続分を確保できたケース

父が亡くなりましたが、同居していた長男(私の弟)夫婦が父の財産を管理していて、遺産分割をしたいので、遺産分割協議書に印鑑を押してほしいとのことでした。不動産は全部長男(弟)が取得するという内容で、私の取得分は少額の預貯金のみという内容でした。しかし、私は、生前、父から、まとまった預貯金を相続させると聞いていました。長男(弟)には代理人弁護士がつき、話もできない状態となり、弁護士に相談しました。

続きを見る

覚えのない生前贈与を認定された結果、一審判決で遺留分侵害額としてまとまった金銭の支払いを命じられ、控訴審の訴訟を依頼し、一審判決より少ない金額での和解が成立したケース

私は長男で、父と同居していました。父が亡くなりましたが、遺産は不動産以外にはほとんどありませんでした。自宅不動産は遺言により私が相続しました。そうしたところ、父の年金を私が管理していたとの理由で、数十年間に3000万円の年金収入があり、それを生前贈与として受け取っていたと他の兄弟たちが主張し、弁護士をつけて訴訟(遺留分侵害額の請求訴訟)を起こしてきました。私は、確かに父の年金を管理はしていましたが、私と父は生計を共にしていて、父の年金も生活の中で消えていったので、生前贈与でもらったものなどはありませんでした。私は、生前贈与を受けた覚えがなく、真実は裁判を通じて明らかになると信じ、一審の裁判を自分で行いました。裁判は弁護士に依頼されなくてもできるので、自分だけで裁判を行いました。ところが、一審判決では、私が3000万円生前贈与を受けたということが認定され、遺留分として多額のお金の支払いを命じられてしまいました。私は困って、早急に弁護士に相談しました。

続きを見る

父が母との結婚前に前婚で子があったことを亡くなった後に初めて知り、遺産分割の協議を依頼し、相続を辞退してもらったケース

私たちは3人兄弟で、母が先に亡くなり、父が亡くなって、遺産分割協議を行い、3人で分け方を決め、司法書士に遺産分割の登記を依頼しました。そうしたところ、父が私たちの母と結婚する前に、前婚のときに、子が2人いることが分かりました。父に前婚があることは知っていましたが、そのときに子が2人いたことは全く知りませんでした。父は、母との結婚後は、全く前の結婚のときの親族と交流がなかったのであり、父の財産に、いまさら前の結婚のときの子が取得分を主張することには納得できず、何とか私たち3人だけで遺産を分けられないか、交渉相手は会ったこともない人たちなので、交渉は専門家に任せたいと考えました。

続きを見る

遺産分割・生前対策の法律相談お問い合わせまずはお気軽に、お電話またはフォームよりお問い合わせください。